SPORTS MEDICAL

田原整形外科の診療基本はFor the Patientです。
スタッフ全員で患者様の病症、症状、悩み、訴えの改善にベストを尽くします。

スポーツ医学と当院 SPORTS DOCTOR

CONCEPT
自身の故障が
スポーツ医学との出会いでした

私自身がスポーツ医学を専門としたきっかけは、大学時代に軟式野球部でピッチャーをしていて、 練習試合に遅刻してウオームアップ不足で全力投球をして肩を壊してしまった経験からです。

日常生活では疼痛がないも野球で投げようとすると痛みが走りました。
その原因と治療をしようと、肩関節疾患を専門としていた福岡大学医学部整形外科教室に入局しました。

先輩方に影響されスポーツ医学に強い興味を持ち、日本整形外科学会スポーツ認定医、日本体育協会公認スポーツドクター(現在:日本スポーツ協会公認スポーツドクター)、日本医師会健康スポーツ医を取得しました。

現在はチームドクターとして、
多くの選手と関わらせて頂いております。

当院が九州国際大学の外傷系の顧問医を以前より務めさせていただいている関係で、 以前より九州国際大学附属高校の生徒がよく怪我をした際には治療しています。

当院の理学療法士が九州国際大学附属高校女子バトミントン部(当時:潮田玲子選手 北京オリンピック・ロンドンオリンピック代表在籍)をトレーナーとして関わるようになり、 チームドクターとして関わる等になりました。

以降、ギラヴァンツ北九州(当時:ニューウェーブ北九州)に九州リーグ時代よりチームドクターとして関わり、JFLからJ2に昇格しました。

現在は現在はボルグバレッド北九州、JR九州野球部や安川電機陸上部、九州国際大学付属高校サッカー部、バドミントン部、小倉高校ラグビー部等、様々な競技のチームに関わらしていただいています。

患者さんが一番早くその競技に、
出来れば故障した状態より回復してチームに戻る治療を

              

 

スポーツによって生じた外傷、障害の治療・予防を行うには
 ・早期復帰を目標とした治療法の選択
 ・選手の個別性(年齢、性別、体型、ポジション等)に応じた治療法の選択
 ・再発予防、日頃のケアの指導
 ・スポーツ種目により起こりやすい外傷等の予防策の検討
が必要です。
"患者さんが一番早くその競技に故障した状態より回復してチームに戻る治療を"
と思いスタッフ全員でスポーツ医学の知識をフルに活用し頑張っています。

予防医学 - 運動と免疫力

予防医学ってご存知ですか。簡単にいえば病気の発生を予防することについての学問です。

現代社会にはには様々な環境ストレスが混在し、色々なウィルスや癌が健康を冒そうとしていますが、 人間には"免疫"という体の中の警察のような力があり体を守っています。
中心は白血球(特にリンパ球)で血液中を巡回し、ウイルスや癌細胞等に働きかけます

免疫力(体力)を強くするためには定期的な運動が一番効果的です。

私たちスポーツ医がスポーツ選手に日常的に治療・指導している手法は一般の方々の "病気にかかりにくい体づくりや知識(予防医学)"にとっても大事なポイントです。

「思い」を込めて、関連施設を設立 OUR BUSINESS

アスリートから運動することが不安な方までが、安心して効果的になりたい自分となるための施設として、 究極のメディカルフィットネスSMART×SMARTを運営しています。 加えて、地域の方が気軽に集えるスポーツセンター、スマートもご利用いただけます。

グループ施設のご案内 TAHARA GROUP

メディカルスポーツセンター
疾病予防運動施設・指定運動療法施設 SMART

運動の苦手な方からプロのアスリートまで一人ひとりの目的・程度に合わせ
スポーツ医学の見地から運動プログラムをご提案。

TAHARA ORTHOPEDIC SURGERY

Access
連絡先・地図

〒805-0002 北九州市八幡東区枝光4-3-14

TEL:093-681-8651 / FAX:093-681-8652

リハビリ予約専用ダイヤル / TEL:080-5286-8651

・JR枝光駅より徒歩5分
・枝光ICより車で2分

受付時間
9:00-12:30
~13:00
14:00-18:00 ×

休診日: 日・祝日・盆・年末年始

当院は信頼の医療に向けて、患者様に良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。
「患者様の個人情報」につきましては、適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。